自販機を設置して生活をより便利にしよう|らくらく飲み物購入

コーヒー

負担も少ない

コーヒー

自販機を設置することによる収入

自販機を家の前などに設置することにより、収入を得ることができます。設置場所さえ確保すれば、電気代を負担するだけです。設置した後のメンテナンスや商品の補充は業者がやってくれます。空き缶の回収や清掃も自分でやる必要はありません。では、どのくらいの収入が見込まれるのでしょうか。売上の20%程度が手元に入る仕組みで、売れれば売れるほど収入は増えます。以上述べたものはフルオペレータータイプといわれ、メジャーな方法です。もうひとつの方法はセミオペレーションタイプというものです。これは自販機をリースや購入をして、仕入れ、清掃などを自分でこなします。品揃えも自分で決められます。売上のすべてが自らの収入となります。

フルオペレータータイプとセミオペレーションタイプの注意点

フルオペレータータイプの注意点を以下に述べます。電気代が月に3000円から5000円程度かかりますので、それ以下の収入だと必然的に赤字になります。飲料缶ひとつあたりの利益が20円だとすると、月に250本売れなければならない計算になります。人があまり集まらないところや、人がほとんど通らない道沿いに自販機を設置しても効果はありません。また、販売している商品に魅力がなければ、人は買ってくれないでしょう。セミオペレーションタイプも同様に、そもそも商品が売れなければただ赤字になるだけです。自販機は安価なものではないですし、設置場所や商品の選択を間違えれば、損害は大きくなります。ただし多く売れた場合の収入は大きくなります。このタイプはハイリスクハイリターンと考えられます。